忍者ブログ

ストラテしごとストラテ・しごと

社会人・ビジネスパーソンに役立つ仕事術・ライフハック。他、世の中の注目すべき広告手法・販売促進(プロモーション)法・広報活動(マーケティング)手法などもご紹介。

【2016年度版】青髭で濃いのが悩みの人は早く医療脱毛で薄くしたほうがよい理由。

<追記>
この記事を公開して約3ヶ月後にここで紹介しているクリニックが内容を確認して、この記事でおすすめしている申し込み方を男性が選べないようにコースを刷新してしまったため現在はこの記事で紹介している方法は選べません。

新しく医療脱毛のクリニックとコース・プランの選び方の記事を書きましたのでこちらの記事を参考にしてください。
青髭で濃いのが悩みの人は早く医療脱毛で薄くしたほうがよい理由。【2017年度版】




この記事の情報は現在使えなくなっております。参考にはしないでください。


ヒゲが濃い人の悩みは
・剃っても青い。(青髭になる)
・濃いので丁寧に剃るとよく血だらけになる
・ちゃんと剃ると剃り過ぎて肌がいつの間にか黒ずんでくる
・剃っても夕方にはのびてくる

などの悩みがあり毎日気が滅入る人も多いかと思います。

そこで悩みを手っ取り早く解消するのが
「医療脱毛」
つまり永久脱毛です。永久脱毛といっても完全にツルツルになるというわけでも永久に生えてこないというわけでもありません。自分で調節できます。

だいたい9回(濃い人は12回)程度に分けてレーザーで脱毛していくのでツルツルにはしなくても青くならない程度のヒゲの量にしたければ4・5回で止めるなど、自分でヒゲの濃さを調節できます。

そして永久脱毛の定義も本当に永久に毛が生えてこなくなるという意味ではありません。




「将来、ヒゲを生やしたくなる時が来るかもしれないとか考えると永久脱毛は…悩む」と思うかもしれませんが、
完全に永久脱毛をしても7年後には脱毛した分の20%〜30%ぐらいは生えてくるなどの報告もあります。

かろうじて瀕死で生き残っていた毛根が長い年月を経て復活したのかまた新たに毛が新しく生えたのかは知りませんが、永久脱毛が必ず100%一生生えてこないというものではありません。



● 永久脱毛の種類

永久脱毛を考える時に「サロン系」と「美容外科・クリニック系」でサービスが分かれます。

やるなら「美容外科・クリニック系」です。

簡単に説明すると
「サロン系」はマッサージ系の延長。
「美容外科・クリニック系」は医療行為。ガチのほうです。

確実により効果が出るほうを選んだ方がよいので永久脱毛は「美容外科・クリニック系」で。
サロン系はよくメンズエステといったような名前でありますが、効果はあまり期待できません。

「美容外科・クリニック系」は医師でなければ許可されていないレベルの処置ができるのでサロン系よりも明確に安全性も効果も期待できます。

値段は今は、「サロン系」でも「美容外科・クリニック系」でも結局そんなに変わりません。





● 早く医療脱毛をしたほうがいい理由は、

(1)まず放っておいても悩みが解決することはない。

(2)そして年をとるほどたいていヒゲは濃くなっていく。

(3)家でできる家庭用脱毛器、あれはほぼ間違いなく効果はほとんどないので時間とお金の無駄。
(※数十万円以上するものならもしかしたら少しは効果があるかもしれませんが、数十万払うんだったら医療レーザー脱毛のほうが安くて効果はほぼ保証されているし使う機器も何十倍・何百倍の値段の超高性能レーザー脱毛器を使っている。)

(4)ちなみに塗るだけで無駄毛が薄くなるローションなんかもヒゲには全く効果は無いと言っていいのでこれもお金と時間の無駄。
(※塗るだけで薄くなるなら美容外科で塗り薬として出すでしょう)

(5)エステ関連での脱毛も結果として効果がない(持続しない)。
脱毛エステの例:国民生活センターに寄せられている「脱毛エステの苦情」

(6)さらに30代頃から白髪が出てきます。もちろんヒゲにも出てくる場合があります。

レーザー脱毛は基本的に黒いものに反応してレーザーを照射するので白髪だとかなり効果が薄いということです。

結局どう頑張っても医療脱毛以外に青髭などの悩みを解決させる手段はないので、ヒゲが濃いのが悩みの人は早めに医療レーザー脱毛をすることをおすすめするわけです。





医療レーザー脱毛をおすすめする理由。
まず、悩みを最短で解決できること。
医療としての脱毛は存在する脱毛方法の中で一番効果が期待できるもの(ニードルも効果が期待できますがあれは激痛です)で、サロンや自分でレーザー脱毛機器を購入してやるといったものは結局ほとんどの人があまり効果が無かったという経験の声から無駄な回り道をしないで済むということです。


そして毎日のひげ剃りの時間と手間の負担を考えた時に毎日の積み重ねでかなり精神的にも時間的にも楽になります。

毎日ひげ剃りをしてしかも仕上がりも納得できないという状況よりも3日〜1週間に1回程度ひげ剃りすれば済むという環境はかなり毎日の負担を軽減できるものです。




そして、永久脱毛で知っておくべき注意点。
「美容外科・クリニック」の選び方。


たくさん美容外科・クリニックがある中でも
めちゃくちゃ痛いところとそれほど痛くないところがあるので
「痛くないところを選ぶ」

なぜ痛くないところを選ぶのかというと、痛いところはあまりにも痛すぎて1回で断念したという人も多いということです。



それぞれのクリニックの口コミ・評判を細かく見てみると、
痛かったという人もいれば痛くなかったという人もいます。

同じクリニックでも痛い人と痛くない人の口コミがあり、よく見てみると
「男性」
「濃い毛の部分(ヒゲや下の毛・陰毛)」の脱毛
の場合は痛いという口コミ・経験談が多いです。

要するに
毛が太くて濃い部分や皮膚が薄くて痛みを感じやすい部分が痛いということです。


だから
そういう条件下での脱毛体験で痛いという口コミが少ないクリニックがおすすめです。


痛いクリニックと痛くないクリニックの違いは、
最新のレーザー機器か旧式のレーザー機器かの違い。

最新のレーザー機器は痛みも少なめで苦痛無くレーザー脱毛できるものになっています。

逆に旧式のレーザー脱毛機はヒゲの濃い人にはめちゃくちゃ痛い。



そういうことから選ぶ基準は
最新レーザー脱毛機器を使っている大手のクリニックを選ぶ。

2016年現在では「メディオスター NEXT PRO」が最新レーザー脱毛機器なのでそれを使っているところ。

そして、大手のクリニック。
なぜ大手のクリニックなのかというとあまり認知度の低いところだと途中で廃業してしまう可能性があるからです。

レーザー脱毛は複数回に分けて毛が生えてこないようにしていきます。

1回やったら2回目はまた新たに生えてくるのが1ヶ月後か2ヶ月後なので次は1ヶ月後など回数を重ねるほどヒゲが薄くなっていきます。

毛は第1陣・第2陣・第3陣など別々のグループが順番に生えてくるので第1陣をやっつけてもまだ休憩しているヒゲグループがいくつか残っているわけです。

だから日を置いて長い期間をかけて複数回やって薄くしていきます。


薄くするには速くても4・5ヶ月(4・5回)。ツルツルを目指すなら9ヶ月から12ヶ月(9〜12回)以上かかるわけで、その間にクリニックが廃業してしまっては複数回コースで払ったお金が無駄になってしまいます。
(医療脱毛の値段は安いところだとヒゲ全般で1回1万円ちょっとくらい)


だからつぶれそうにない大手のクリニックを選びましょう。




おすすめでいうと、
<湘南美容外科>
(現在は料金・コースが一新されており、おすすめではありません。)

ここなら全国展開していて、メディオスター NEXT PROでのレーザー脱毛も安い。

料金も一括ではなく分割で月々3000円台からの支払いにも対応してます。

※あと、注意点として日焼けをしている人はレーザー脱毛は受けられません。レーザー脱毛は黒い物に反応する仕組みなので色が黒い人は施術を断られます。
レーザー脱毛にいく前には白めの肌にしていきましょう。


このクリニックで安くやるにはコース選びが重要です。

一般的に安いのは、
「ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)」の無制限4年間コースで、
メディオスターでのレーザー脱毛なら9万9800円で4年間はレーザー脱毛を何回でもやり放題というコース(※2016年8月時点の料金)なのですが、
この部位だと要するに口回りのヒゲだけの脱毛なので
もみあげの下(両側のエラ部分)や頬(ほほ)にもヒゲが生えてる人は、そこの部分の脱毛が対象ではありません。

口周りだけヒゲが濃い人はその9万9800円のヒゲ4年間無制限コースでいいのですが、
ほとんどの人はアゴの両側(もみあげの下部分)もヒゲが濃いはずですのでそういう人が選ぶべきなのは、

「フェイス」コースです。

フェイスなら「ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)」も「頬・もみあげ部分」も対象です。

フェイスコースには無制限コースはありません。
1回コース:1万4740円
3回コース:4万10円
6回コース:6万8440円
です。
(複数回コースに利用期限はありません。1年かけても10年かけても大丈夫)

おすすめは、6回コースをやってみて6回やり終わってみた後、あと何回追加で脱毛したほうがいいのかを選ぶのがいいと思います。
「あと、3回やれば充分だな。」と思えば3回コース。「あと追加で6回は必要かな。」と思えば6回コース。


「もしかして、予想以上にレーザーが痛くて1回目で耐えられなかったらどうしよう」と不安な人はとりあえず1回分(1万4740円)支払って痛くなくて続けたい場合は、6回コースでの残金5万3700円をその後で支払うというやり方にも対応してくれます。

私はそのやり方でやってみました。痛さは輪ゴムでパチンと皮膚を叩く程度の痛みだったので全然問題無しでした。

もう一つ、フェイスコースにはヒゲ全般と「おでこ」も脱毛の対象になってますが、「フェイスコースでおでこ脱毛無しで」と伝えておけば、おでこの脱毛は無しでやってくれます。値段は変わりませんが。



※ヒゲ脱毛ページの一番下に「ご予約フォーム」があるのでそこから予約します。
「ご希望の施術箇所」は、顔のヒゲなので
「ヒゲ3部位(鼻下+アゴ+アゴ下)」「ホホ・もみあげ」「首」「フェイス」のどれかかまたは複数選びます。

適当でいいです。実際に行った時にあらためてどこの部位をどのコースでやるのかはしっかり説明を受けてから決めるので。

「補足」の欄には「メディオスターでの施術を希望」とでも書いておいてください。
最新レーザー脱毛機器(メディオスター)でなくてもよい場合は書かなくていいです。








送料無料/業務&サロン向けポータブルIPL光フラッシュフォト脱毛器/アンチエイジング&にきび用フィルター付きクーリング機能付き/レーザー/永久【CREA WEB SHOP】
PR

コメント

ストラテ・しごと 運営元

Name:
合同会社閃団評議会
Webサイト:
性別:
非公開
その他:
お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします。
お問い合わせフォーム


リンク

フリーエリア