忍者ブログ

ストラテしごとストラテ・しごと

社会人・ビジネスパーソンに役立つ仕事術・ライフハック。他、世の中の注目すべき広告手法・販売促進(プロモーション)法・広報活動(マーケティング)手法などもご紹介。

青髭で濃いのが悩みの人は早く医療脱毛で薄くしたほうがよい理由。【2017年度版】


2016年に一度、ヒゲ脱毛について記事を書いたのですが、その記事で紹介した大手クリニックの料金・コースの安い選び方の提案がそのクリニックさんに注目され問題視されたらしく、そのコースは一新され男性は選択不可(禁止)になってしまいました。
なので現在はそのコース選択は選べないので新しく提案しなおします。

ヒゲが濃い人の悩みは
・剃っても青い。(青髭になる)
・濃いので丁寧に剃るとよく血だらけになる
・ちゃんと剃ると剃り過ぎて肌がいつの間にか黒ずんでくる
・剃っても夕方にはのびてくる

などの悩みがあり毎日気が滅入る人も多いかと思います。

そこで悩みを手っ取り早く解消するのが
「医療脱毛」
つまり永久脱毛です。永久脱毛といっても完全にツルツルになるというわけでも永久に生えてこないというわけでもありません。自分で調節できます。

だいたい6回(濃い人は9回以上)程度に分けてレーザーで脱毛していくのでツルツルにはしなくても青くならない程度のヒゲの量にしたければ4・5回で止めるなど、自分でヒゲの濃さを調節できます。

そして永久脱毛の定義も本当に永久に毛が生えてこなくなるという意味ではありません。

「将来、ヒゲを生やしたくなる時が来るかもしれないとか考えると永久脱毛は…悩む」と思うかもしれませんが、
デザインひげとして残したい部分だけ残して他だけを部分的に永久脱毛することもクリニックによっては対応してます。

そして完全に永久脱毛をしても7、8年後には脱毛した分の10%〜30%ぐらいは生えてくるなどの報告もあります。

かろうじて瀕死で生き残っていた毛根が長い年月を経て復活したのかまた新たに毛が新しく生えたのかは知りませんが、永久脱毛が必ず100%一生生えてこないというものではありません。




● 永久脱毛の種類

永久脱毛を考える時に「サロン・エステ系」と「美容外科・クリニック系」でサービスが分かれます。

やるなら「美容外科・クリニック系」です。

簡単に説明すると
「サロン・エステ系」はマッサージ系の延長。
「美容外科・クリニック系」は医療行為。ガチのほうです。

確実により効果が出るほうを選んだ方がよいので永久脱毛は「美容外科・クリニック系」で。
サロン系はよくメンズエステといったような名前でありますが、効果はあまり期待できません。

「美容外科・クリニック系」は医師でなければ許可されていないレベルの処置ができるのでサロン系よりも明確に安全性も効果も期待できます。

値段は今は、「サロン・エステ系」でも「美容外科・クリニック系」でも結局そんなに変わりません。
※1回あたりの料金でサロン・エステ系は安く見せていますが、医療脱毛なら6回施術で出る効果がサロン・エステ系だと18回とか何倍か回数が必要になり結局値段はほぼ同じ。





● 早く医療脱毛をしたほうがいい理由。

(1)まず放っておいても悩みが解決することはない。

(2)そして年をとるほどたいていヒゲは濃くなっていく。

(3)家でできる家庭用脱毛器、あれはほぼ間違いなく効果が無いので時間とお金の無駄。
(※数十万円以上するものならもしかしたら少しは効果があるかもしれませんが、数十万払うんだったら医療レーザー脱毛のほうが安くて効果はほぼ保証されているし使う機器も何十倍・何百倍の値段の超高性能レーザー脱毛器を使っている。)

(4)ちなみに塗るだけで無駄毛が薄くなるローションなんかもヒゲには全く効果は無いと言っていいのでこれもお金と時間の無駄。
(※塗るだけで薄くなるなら美容外科で塗り薬として出すでしょう)

(5)エステ関連での脱毛も結果として効果がない(持続しない)。
脱毛エステの例:国民生活センターに寄せられている「脱毛エステの苦情」

(6)さらに30代頃から白髪が出てきます。もちろんヒゲにも出てくる場合があります。

レーザー脱毛は基本的に黒いものに反応してレーザーを照射するので白髪だとかなり効果が薄いということです。

結局どう頑張っても医療脱毛以外に青髭などの悩みを解決させる手段はないので、ヒゲが濃いのが悩みの人は早めに医療レーザー脱毛をすることをおすすめするわけです。





医療レーザー脱毛をおすすめする理由。

まず、悩みを最短で解決できること。

「医療行為としての脱毛」は存在する脱毛方法の中で一番効果が期待できるもの(ニードルも効果が期待できますがあれは激痛です)で、サロンや自分でレーザー脱毛機器を購入してやるといったものは結局ほとんどの人があまり効果が無かったという経験の声から無駄な回り道をしないで済むということです。


そして毎日のひげ剃りの時間と手間の負担を考えた時に毎日の積み重ねでかなり精神的にも時間的にも楽になります。

毎日ひげ剃りをして、しかも仕上がりも納得できないという状況よりも3日〜1週間に1回程度ひげ剃りすれば済むという環境はかなり毎日の負担を軽減できるものです。




そして、永久脱毛で知っておくべき注意点
「美容外科・クリニック」の選び方。


たくさん美容外科・クリニックがある中でも
めちゃくちゃ痛いところとそれほど痛くないところがあるので
「痛くないところを選ぶ」

なぜ痛くないところを選ぶのかというと、痛いところはあまりにも痛すぎて1回で断念したという人も多いということです。


永久脱毛に行く前に
それぞれのクリニックの口コミ・評判を細かく見て分析しておきました。

その結果、
痛かったという人もいれば痛くなかったという人もいます。

同じクリニックでも痛い人と痛くない人の口コミがあり、よく見てみると
「男性」
「濃い毛の部分(ヒゲや下の毛・陰毛)」の脱毛
の場合は痛いという口コミ・経験談が多いです。

要するに
「毛が太くて濃い部分や皮膚が薄くて痛みを感じやすい部分が痛い」
ということです。


だから
そういう条件下での脱毛体験で痛いという口コミが少ないクリニックがおすすめです。


痛いクリニックと痛くないクリニックの違いを調べていった結果、
最新のレーザー機器か旧式のレーザー機器かの違いだという結論になりました。

最新のレーザー機器は痛みも少なめで苦痛無くレーザー脱毛できるものになっています。

逆に旧式のレーザー脱毛機はヒゲの濃い人にはめちゃくちゃ痛い。



そういうことから選ぶ基準は
最新レーザー脱毛機器も揃えている大手のクリニックを選ぶ。

2017年現在では「メディオスター NEXT PRO」が最新レーザー脱毛機器なのでそれを使っているところ。

そして、大手のクリニック。
なぜ大手のクリニックなのかというとあまり認知度の低いところだと途中で廃業してしまう可能性があるからです。

レーザー脱毛は複数回に分けて毛が生えてこないようにしていきます。

1回やったら2回目はまた新たに生えてくるのが1ヶ月後から2ヶ月後なので次は2ヶ月後にまたレーザー脱毛するといったスケジュールで回数を重ねるほどヒゲが薄くなっていきます。

毛は第1陣・第2陣・第3陣など別々のグループが順番に生えてくるので第1陣をやっつけてもまだ休憩しているヒゲグループがいくつか残っているわけです。

だから日を置いて長い期間をかけて複数回やって薄くしていきます。
レーザー脱毛自体の時間は10分〜20分程度です。


薄くするには速くても6ヶ月以上(3回以上通院)。ツルツルを目指すなら12ヶ月以上(6回以上通院)かかるわけで、その間にクリニックが廃業してしまっては複数回コースで払ったお金が無駄になってしまう可能性があるわけです。



だからつぶれそうにない全国展開している大手のクリニックを選びます。




おすすめは、
ゴリラクリニック

ここなら全国展開していて、メディオスター NEXT PROだけでなく他の医療レーザー脱毛機器も揃えてあり、自分で選べます。

通常の美容外科やクリニックではまず、医療レーザー脱毛機器を選んでから何回プランかを選びます。
つまり、一度選んだレーザー脱毛機器を途中から痛すぎるなどの理由で変更はできないのです。

それに対してゴリラクリニックは途中でレーザー脱毛機器の変更ができます。
あのレーザー脱毛だと痛すぎて続けるのを断念したということがありません。

痛みを感じにくくする塗り薬やガスによる麻酔も必要ならオプションとして3000円ほどで追加できます。

つまり、
ゴリラクリニックなら「痛くてレーザー脱毛を断念する」ということがまず無いという安心感があります。

そして、ゴリラクリニックは男性のヒゲ脱毛に関してはエキスパートでより速くより効果的に脱毛するための経験も圧倒的に豊富。

通常の美容外科だと女性が多いので男性の体質に関しては経験・症例の蓄積が少ない。
そして、女性客が多い美容外科系に男性一人が行くのには勇気がいるという人も多い。

しかし、ゴリラクリニックは男性専用なので効果としても精神的な面でも安心で行きやすい。


そして、一番重要な点としては、

料金自体も安くて適正価格。

料金も一括だけではなく
分割払い月々3000円台
からの支払いにも対応してます。


ついでにデザインひげに合わせた脱毛にも対応しています。
【実際に施術をうけてみての感想】
実際にメディオスターでレーザー脱毛施術を受けてみた感想としては
「痛くなかったです」

ゴリラクリニックのQ&Aで「ヒゲ脱毛は痛いのでしょうか?」に「はい、痛みます」という解答があるのですが、
メディオスターでレーザー脱毛してみての感想は「痛くない」。

口周りの一部(鼻下)だけ輪ゴムで軽くパチンと皮膚を叩く程度の痛みで全く問題無し。
他の部位はうっすら皮膚が温かくなる程度でした。
【注意点】
日焼けをしている人はレーザー脱毛は受けられません。レーザー脱毛は黒い物に反応する仕組みなので色が黒い人は施術を断られます。
レーザー脱毛にいく前にはあまり日焼けしていない肌にしていきましょう。




ゴリラクリニックでのプラン選び

プランは大きく分けて
「回数プラン」と「4年間無制限プラン」
があります。

回数プランが通常の何回レーザー脱毛をうけて料金がいくらというもの。

4年間無制限プランが名前のとおり4年間回数が無制限で何回でも受けられるもの。

ゴリラクリニックコース料金
© ゴリラクリニック
ゴリラクリニック4年無制限コース料金
© ゴリラクリニック
まず部位を決める。

医療レーザー脱毛する部位の多さで金額が大きく変わってくるのでまず、レーザー脱毛をする部位を決めます。


肝心なのは「首」を範囲に入れるかどうか。


ここではヒゲが濃くて悩んでいる人を対象にしているのでヒゲが濃いということは
「ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)」と「ほほ・もみあげ」はほぼ決定でしょう。

口周り(ヒゲ3部位)だけ薄くしたいという人はあまり見たことがないので。

問題は「首」の部分。

明らかに首までヒゲが生えてきている人は「首」も範囲として入れればいいのですが、
おそらく微妙な人が多い。

アゴ下の範囲と首の境界線がはっきりしていないので悩む箇所です。


微妙な人は、首部分は無しでやるのがおすすめです。
やっぱり首部分もレーザー脱毛したほうがいいと感じたら後から追加すればいいので。

首付近の毛が濃くても剃ればよい(青髭の悩み・髭剃りが大変という悩みと首の部分の毛はそこまで関係がない)ので後回しにしても問題ないでしょう。




6回プランと4年間無制限プランの比較

「首」は必要なし。場合によって必要なら後から追加。
という人なら
「4年間無制限プラン」を選びましょう。

ゴリラクリニック4年無制限コース料金
© ゴリラクリニック

これなら60回の医療分割払いにすれば、
だいたい月3300円前後程度でできます。
【料金の内訳】

4年間無制限プラン
ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下) +部位追加(ほほ・もみあげ)
=約13万8000円

そして、4年間無制限プランの特徴として施術を受けられる時間が「平日の11時〜15時」という制限があります。
それを解除して予約できる時間を自由にするオプションがほとんどの人は必要なので
+時間制限解除料2万1600円
を追加して
合計で約15万9200円

これを一括か2回払いで払える人はそのまま払えばいいですが、
約16万円を一括はきつい!
という人のために医療分割ローンというものがあり、それを使えば60回払いで
月3300円前後
ローンだと手数料が高いのではないか?と思ってしまいますが、
実はこの手数料がかなり安い
分割払いに強いクレジットカードでイオンカードというのがありますが、それと比較しても
イオンカードの60回払いだと月約3500円。
医療分割ローン60回払いは約3300円です。

医療分割で48回払いだと月3900円前後。36回払いだと月5000円前後。


「回数プランのセットコース」

ゴリラクリニックコース料金
© ゴリラクリニック

回数プランは基本的に高くなってしまうのでおすすめはしないです。

例えば
顔の全5部位(首も含む)を初めからやる場合で、回数プランのセットコースで計算してみます。

全部位5回プランのセットコースだと、12万9600円。
トライアルを最初にやるとして合計で6回プランにもできます。
トライアル1回4万8000円(税込5万1840円) + 5回プラン12万円(税込12万9600円)
= 合計6回のプランで18万1440円(税込)

6回のプランで18万1440円で、これと同じ「顔の全5部位」を4年間無制限(時間制限解除料も込み)で金額を出してみると、
約20万7792円(税込)

つまり、6回レーザー脱毛が受けられるプランと、4年間無制限にレーザー脱毛が受けられるプランではたった2万6000円ほどしか差がありません


なので「首」部分も含めた顔の全5部位でも「4年間無制限プラン」にしたほうがよいです。


ヒゲの脱毛の効果にも個人差があり6回(約1年)でどの程度までヒゲが薄くなるのか分からないというリスクがありますので。

ちなみに全5部位の「4年間無制限プラン」を医療分割ローンで60回払いにすると
月々約4300円くらいです。

【医療分割ローンの注意点】

医療分割ローンは一応、「審査」があります。
万が一審査に落ちたら・・・と不安な人のために念のため分割払いに強いクレジットカード
イオンカード(WAON一体型)
を作っておくことをオススメします。

このカードなら通常は最大で36回払いまでのものが最大60回の分割払いにも対応していて、手数料も通常のクレジットカードよりも安い。

医療分割ローンが万が一組めなかった場合でも、クレジットカードで60回分割でなら払えるという選択肢が選べるので用意しておいて損のないカードです。

「イオンカードセレクト」と「イオンカード(WAON一体型)」の違い。

イオンカードには「イオンカードセレクト」「イオンカード(WAON一体型)」の2つがありますが、
この違いは
イオン銀行の口座をすでに持っているかいないかの違いです。

イオン銀行の口座を持っているなら「イオンカードセレクト」。
持っていないなら「イオンカード(WAON一体型)」。

カードブランドの選択は「VISA」(※分割払いの自由度が高いので。)

普通にクレジットカードとして使う分には差はありません。分割払いでも全く同じ。
イオンカードセレクトのほうがイオン銀行と連携していてその部分でポイントが少しだけお得にもらえる程度。
» ゴリラクリニック









送料無料/業務&サロン向けポータブルIPL光フラッシュフォト脱毛器/アンチエイジング&にきび用フィルター付きクーリング機能付き/レーザー/永久【CREA WEB SHOP】
PR

コメント

ストラテ・しごと 管理人

Name:
エバンジェリストα
性別:
男性
その他:
お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします。
お問い合わせフォーム

リンク

フリーエリア